Beach Yoga Lanikai (BIWY指導者養成講座)受講規定

第1条 定義

本受講規定において定義させる用語は、本規定第2条以下の本文中に定めるものの他は、以下の通 りとします。

(ア)BIWY;BIWY協会をいいます。

 (イ)当スクール;BIWYを運営するBeach Yoga Lanikaiをいいます。

 (ウ)スクール;当スクールが運営するBIWY協会が置かれた教室をいいます。このスクールの種類および数は、BIWYおよび当スクールの都合で変更されることがあります。

 (エ)追加受講;受講中または卒業後の生徒が新たにコースを受講することをいいます。

 (オ)卒業生;BIWYの講座について所定のカリキュラムを終了した生徒をいいます。

(カ)当講座;BIWY指導者養成講座をいいます。

第2条 受講の資格について

BIWY指導者養成講座の受講申込をできる方は以下のとおりとします。

 1 18歳に達している方。但し、20歳未満の場合は、保護者の同意書が必要となります。

 2 当スクールが定める受講入会資格審査により入会を認められた方。

3 受講毎、健康状態に留意しご参加いただける方。

第3条 契約の成立について

1 入会、および受講の申し込みにあたっては、申込者は、受講を希望するコース、および当スクールが当ホームページにおいて必要事項を明示の上、申し込むものとします。2 当スクールが指定する表示価格の料金を申込者が納め、 当スクールがその支払いを確認できた時点で、申込者と当スクールとの契約は成立となります。3 契約が成立し、且つ、申込者が当スクールホームページの利用規約を確認し、説明会記載の入会金、教材費、受講料、認定料の支払いが完了した時点で、 (以下当スクール指定の 「入会手続き」といいます。)、申込者は所定のコースにおける受講資格が発生するものとします。4 契約成立後、契約の解約はできません。入会金、教材費、受講料、認定料の返還についても、返還できないものとします。但し、Beach Yoga Lanikai 受講規定 第4条の条件に満たす場合は、この限りではありません。また、分割支払いを選択された場合に、自己都合により途中で講座の受講資格を放棄した場合でも、残金の支払いが必要となります。 5 契約成立後、生徒は、所定の開講日から受講を開始することができます。6 生徒は、当スクールの承諾なく、第三者に受講資格を譲渡または貸与することはできません。

第4条 受講料等の返還について

納入された入会金、教材費、受講料、認定料(以下これらをあわせ「受講料等」といいます。)については、返還しません。但し、未受講及び申し込みフォームからの申し込みより起算して8日以内の場合、この限りではありません。その場合、返還の際にかかる手数料は申込者負担とします。

第5条 受講方法について

1 生徒は、当講座を、当スクールが指定する日時(以下「指定日時」 といいます。)、当スクール所定の方法で受講するものとします。2生徒が前項の指定日時に受講をできなかった場合は、動画録画、または次回開催予定がある場合は次回の講座にて受講することができます。

第6条 退会について

1 申込者の受講資格がひとたび発生した場合、申込者および生徒は、すべての受講カリキュラムを修了するまで、受講期限内において、受講を継続しなければなりません。

 2 前項にかかわらず、申し込みフォームからの申込より起算して8日以内で未受講の場合 は、契約解約および返金が可能となります。キャンセルポリシーとして申し込みフォームからの申し込みより起算して8日以降のキャンセルは当スクールが指定する受講料等の100%を支払わなければなければなりません。分割払いを選択している場合も途中退会は認められません。残金の支払いは必須とします。

 3 生徒が受講を終了することなく受講を放棄し、受講期限経過後に再び当スクールに入校する場合は、入会金を始め受講料等を含めた全額の支払い義務が生じます。

第7条 退会処分について

生徒に次の項目が当てはまる場合、当スクールは、通知催告することなく、生徒との契約を解除し、退会処分とすることができます。この場合、当スクールからの未受講分の受講料等の返還はいたしません。 また、場合によって、当スクールは生徒に対し損害賠償を請求することもあります。 (ア)当スクール、BIWY、スクール、または他の生徒に対して、インターネット上か、他の手段によるかを問わ ず、著しく損害を与える行為、真実か否かを問わず、名誉若しくは信用を低下させる行為、または誹謗中傷があった場合。  (イ)オンライン講座の配信の妨害か、通学による授業かと問わず、度重なる授業妨害、著しくBIWYまたはスクールの風紀を乱す行為、または言動があった場合。 (エ)当スクール講師、または他の生徒に対する暴力があった場合。 (ウ)その他、BIWYまたはスクールの規定に反する行為、公序良俗に反する行為があった場合。 (エ)当スクール講師、または他の生徒に対して、勧誘活動や営業活動を行った場合。

第8条 コースの変更、別コースの追加受講について

1 受講開始後、支払い完了後のコース変更はできません。但し、未受講の講座の追加の場合は支払いを完了させることで追加することができる。その際、キャンペーン等の料金は適用されないものとする。

第9条 コースの修了について

1 生徒が修了試験を受験する時は、選択したコースの必須カリキュラムを全て履修していることを前提とします。但し、必須カリキュラムが一部未履修の場合でも、BIWYが当該生徒の知識および技能をみて修了試験を受験して差し支えないと判断し認めた場合は、この限りではありません。 2 生徒は、修了試験が不合格だった場合は、再試験を受験することができます。この場合、2回までは無料。、3回目以降の終了試験は当スクールが定めた認定料を追加で支払うものとする。

第10条 連絡先の変更について

生徒は、氏名・住所・自宅電話番号・携帯電話番号・メールアドレス等の変更があった場合は、当スクールに、書面にて変更内容を提出することとします。

第11条 契約成立後のカリキュラムおよび受講期限の変更について

受講カリキュラムおよび受講期限は、契約成立の前後を問わず、BIWYがその裁量によって決定し、必要に応じて変更できるものとします。但し、やむを得ない理由がある場合、または変更が軽微である場合を除き、あるコースの受講カリキュラムまたは受講期限の変更によって当該コースのうち変更前に成立し ている契約にかかる受講カリキュラムまたは受講期限が影響を受けることはありません。

第12条 受講料等の価格改定について

各コースの受講料等の価格は、BIWYおよび当スクールの裁量によって決定し、随時改定できるものとします。 但し、あるコースの受講料等の改定によって、当該コースのうち改定前に成立した契約にかかる受講料等が影響を受けることはありません。また、あるコースの受講料等が改定によって値下げされた場合でも、生徒は、BIWYおよび当スクールに対し、改定後の受講料等との差額の返還または補償を求めることはで きません。

第13条 講座スケジュールの変更等

当スクールは、スケジュールを随時変更することができるものとします。当スクールは、経営上の理由や新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、現在開講している講座を閉鎖する場合があります。この場合、当スクールは、当該閉鎖にかかる講座(通学)と類似の内容の講座をオンライン受講とする契約への変更を、生徒に依頼することができるものとし、この場合、当スクールと当該生徒 は、協議して合意した時点で、変更の効力が生じるものとします。

第14条 知的財産 

1 BIWYが授業で表示し、ダウンロードもしくは他の手段で配信する、テキスト、説明画面、映像やその他の文書に含まれる文章、図表、写真、画像、データ等にかかる発明、考案、意匠、ノウハウおよび著作物は、当スクールの知的財産(以下「当スクール知的財産」といいます。)であり、これらの知的財産を出願・登録し、且つ使用する権利は、すべて当スクールに帰属するものとします。生徒は、BIWY講座受講中、または卒業後も、当スクール知的財産をコピーする等して出版したり、インターネットその他において公開をした り、自己のスクール等のテキスト等として使用したり、その他当スクール知的財産にかかる当スクールの権利を侵害する一切の行為が認められません。

2 当スクールは、当講座中の様子を撮影し、当スクールの宣伝等の目的としてホームページ等の掲載ができるものとします。

第15条 非保証、免責

1 BIWYおよび当スクールは、生徒が所定のカリキュラムを修了し必要な知識・技能を修得できるよう、合理的な範囲で最大限の努力をしますが、以下の点について、結果としてそれらが実現されなかった場合で も、何らの保証もせず、且つ責任も負いません。

 (ア)所定のコースの修了によって、生徒が、独立開業ができること、または希望する就職ができること

 (イ)所定のコースの修了によって、生徒が、希望する資格を取得できること 

2 オンライン受講については、BIWYおよび当スクールは以下の点について、何らの保証もせず、何らの責任も負いません。

(ア) アクセス可能性、アクセスに中断(中断時間の長短を問わない)、表示もしくは反応速度の低下が生 じないこと、障害、不備、不完全性若しくは中断がないこと(障害等の時間の長短、規模、原因を問いま せん) (イ)オンライン講座を運用するシステム(以下「使用システム」といいます)の使用の状態、稼働率、動作・ 反応速度、及びその他の性能に関して生徒の一定の期待に沿うものであること

(ウ) 使用システムに関して、不正アクセスもしくはセキュリティ事故(個人情報の漏えいを含む)が生じないこと。

3 BIWYおよび当スクールは、スタジオ内、受講中における以下のトラブル等の責任を負いません。

(ア)スタジオ内、講座中における障害、怪我、ならびに急性疾患等の事故

(イ)受講生同士での盗難、トラブル等

第16条 個人情報、登録情報の使用について

当スクールは、BIWY生徒および卒業生の、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、その他当スクールおよびBIWYに提供される一切の情報について、当スクール内の使用に限定します。いかなる場合も他社に譲渡、貸与することはありません。

第17条 規定の改定

1 BIWYまたは当スクールは、以下のいずれかの場合に、必要に応じて、本規約等を変更することができるものとします。

(ア) 本規約等の変更が、生徒の一般の利益に適合するとき。

(イ) 本規約等の変更が、生徒と当スクールと講座の契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の本規約等の内容の相当性、その他の変更にかかる事情に照らして合理的なものであるとき。

 2 変更にかかる利用規約等については、変更の2週間前までに、前項に定める方法により告知するもの とします。

 3 本規約等の変更により生徒または卒業生に生じた一切の損害について、当スクールは、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負いません。

改定日 2020年06月15日

Beach Yoga Lanikai